夏到来。本栖湖 カヌー & SUPで避暑

今年は例年より早く夏到来。なので、暑さをしのぐため、思いたって本栖湖に行ってきました。標高900m、24度、すっごい涼しい。カヌーを買って以来、ほぼ毎年この時期にSUP or カヌーをしにきている定番の避暑地のひとつです。


(本栖湖から見る富士山は、千円札の裏に描かれている景色です)

河口湖や山中湖と違って、これまで真夏のど真ん中でもそこまで人が多くなかった本栖湖ですが、この日はSUPやカヌーや水遊びをする人で湖畔は賑わってました。駐車場から湖までかなり広い湖畔のスペースがあるので、ピクニックしている人やキャッチボールしている人など、この雄大な景色をバックに皆さん楽しんでいます。ここは都内から比較的近いし、この雄大な景色もあり、ほんとちょっとしたピクニックでくるのにも最適。

今回はカヌーを持ってきて、溶岩沿いをひたすらパドリングしていました。いつもなら対岸の浩庵キャンプ場までいくところですが、この日が風が強く(通常でも本栖湖は午後は風が吹きます)、岩場でランチ休憩してから向かい風と戦いながら戻ってきました。


(本栖プルーと称される青が美しい本栖湖の水。岩場に上陸して小休止)

家でカチカチに凍らしてきたドリンクと、それを保冷剤代わりにしてサンドイッチをクーラーバックに入れてカヌーに載せておきます。この迷彩柄のクーラーバック、こういうアウトドアシーンに合うんです(自画自賛)。

夏は海か?山か?と問われれば、我が家は間違いなく暑さを逃れるほうを選ぶので山派です。その中でも涼しいのに更に涼める湖が最高です。